« どんなに歩いても 辿り着かない | トップページ | 06月26日のココロ日記(BlogPet) »

ひぐらしのなく頃に 放送打ち切りになった理由

色々調べて分かったことです。

2006年から第2期の製作が決定された。だが9月、10月らへんで打ち切られた。

理由は2つ。

1つ目は、同年9月17日に京都府で起こった、16歳少女による父親殺害事件。

その少女は、手斧で父親の首を切って殺した。

父親は不倫していて許せなかったという。

それで殺害を決意し、父親を殺す前に黒のワンピースに着替えて殺した。

ひぐらしの罪滅ぼし編では、レナは父親の浮気相手とヤクザを黒い服に着替えて、鉈(原作では斧)で殺した。

少女の殺し方とひぐらしの話が似ている、そして少女はひぐらしの漫画を集めていた。

そのことから、ひぐらしのアニメは打ち切りになった。

(ウィキペディアでは詳しく乗ってないので、私が知ってる事全部書きました)

そして同時期に放送されていたアダルトゲームのラストが猟奇的で放送前に問題となり全局未放映になったのも影響したとも言われている。

だが少女の殺害事件が最も有力な理由だといわれている。

ってことですがw。なんでそんな事で打ち切りになんなきゃならねーんだよ。意味不w

殺人事件については、ユーチューブとかでもニュースの動画があるんで、見ても面白いかとw

|

« どんなに歩いても 辿り着かない | トップページ | 06月26日のココロ日記(BlogPet) »

★*まんが゜あにめ+´Д`pq)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらしのなく頃に 放送打ち切りになった理由:

« どんなに歩いても 辿り着かない | トップページ | 06月26日のココロ日記(BlogPet) »